記事一覧

 根本水


根本水(こんぽんすい)

根本水

 この井戸は、江戸時代後期の第10代藩主松浦熈(ひろむ)公が掘らせた井戸です。
 公は体が病気がちで、これは城内の井戸の水が悪いのではないかと考えるようになりました。そこで、新たに掘らせた井戸がこの井戸です。ここはちょうど二の丸御殿の台所付近にあたる位置で、以後名水として大切に管理されています。
 現在は亀岡神社本殿前にあたりますが、今なお名水として親しまれています。

亀岡公園マップへ戻る